プロフィール

hiniesta2009

Author:hiniesta2009
金雀枝舎へようこそ!

FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空室

空室

詩集『空室 1991-2000』柴田千晶 ご注文はここをClic!

2000年10月25日発行
ミッドナイト・プレス刊
2000円+税

愛を問う。
「あなたは私の何処からやってきたのか」。
東電OL殺人事件を契機に書き継がれた連作詩篇を再構成した、
世紀末に問う愛の詩集。
                                ―帯文より―

先日もまた円山町を歩き道玄坂地蔵にお参りをしてきました。
映像作品を作るためのロケハンです。
刊行から9年経ちますが、まだいろいろな動きのある不思議な詩集です。


道玄坂地蔵の立つ書割のような夕方の路地から
オンボロのリヤカーを引いた母が歩いてくる
昭和四十二年の湘南版の電話帳を山積みにして
道玄坂地蔵を背にローソンの袋を提げた私は
くたびれたバーバリーのコートを着ている
私に気付かず目の前を通り過ぎて行く母よ
あなたはまだ電話帳を配り終えることができずにいるのか
三十九歳の母と
七歳の私が
八百屋で借りたリヤカーを引いて
地図を頼りに最新版の電話帳を配り歩いた
あの油蝉の死骸ばかりが落ちていた夕方の路地は
この書割のような夕方の路地に繋がっていたのだろうか
使用済みコンドームが足もとに散らばっているお堂の前で私は
こに立っていることの意味もわからぬまま
松濤の住宅街の方へリヤカーの尻を振りながら下りて行った母の
後ろ姿を見送る
                             ――「骨なら愛せる」部分――
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。